よくある質問

セレモニーきずなの自宅葬に関して、お客様からよくいただくご質問をまとめました。

Q1親が高齢になり心配なのですが、私自身は葬儀の経験がなく不安です。事前相談はできますか?

A1はい、事前相談は無料で承ります。当社では「お客様相談コーナー」を設けておりますので、お葬式の予算はもとより、葬儀に関する様々な質問等、ご遠慮なくご相談ください。ご要望に応じて、ご自宅を訪問してのご相談も承ります。

Q2自宅で家族葬を行いたい。式を行う部屋をどのようにしたら良いのか教えてほしい?

A2当社の担当者がご自宅を拝見いたします。ご希望の葬儀プランや会葬者の人数などをお聞きした上で、全体の流れを考えながら式場にふさわしい部屋や控室について、ご提案いたします。一般的には、もっとも広い部屋を式場に使用し、隣接する部屋が控室等に使用されます。


Q3自宅で家族葬を行う場合、どれぐらいのスペースが必要ですか?

A3お棺が通るスペースと、6畳間があれば可能です。式場になるお部屋の、お片づけ(タンス等の大型家具は除く)のお手伝いをいたします。


Q4自宅が使用できない場合は?

A4なんらかの事情で、ご自宅を使用できない場合は、団地の集会所・自治会館などの貸会場やお寺を会場にした葬儀をご提案しております。


Q5菩提寺(旦那寺)がない場合、寺院の紹介は可能ですか?

A5ほぼ全ての宗派のご寺院の紹介が可能です。


Q6「直葬」とは、どういった葬儀のことですか?

A6通夜・告別式などの儀式を行わない、火葬のみのシンプルで、費用負担が少なくて済むお葬儀です。


Q7葬儀費用の支払い方法はどのようになりますか?

A7当社では、葬儀の後1週間程度に、ご集金もしくは、当社の銀行口座への振り込みをお願いいたしております。恐れ入りますがクレジットカードでの精算はご遠慮いただいております。


Q8神戸市西区、三木市以外での葬儀依頼は可能ですか?

A8はい、もちろん承っております。西区、三木市以外の皆さんからも、相談の声を多くいただいておりますので、ご遠慮なくお問い合わせください。


Q9葬儀社を選ぶ際の留意点はどのような点ですか?

A9事前相談につきると思います。できれば複数の葬儀社から見積を取り、各社の葬儀内容と費用を比較検討しておくことをおすすめいたします。


Q10深夜に息を引き取ったのですが、連絡をすることはできますか?

A10深夜問わず、いつでも遠慮なくご連絡ください。24時間365日ご対応いたしております。


Q11普段お寺との付き合いがないのですが、お葬式にお坊さんを呼ばなければなりませんか?

A11仏式によるお葬式は、お寺への葬儀依頼が必要です。その場合、お寺の敷地内にお墓をお持ちであれば、そのお寺に連絡を入れてください。お寺との付き合いがない方で仏式葬をご希望の場合は、当社が各宗派の寺院をご紹介いたします。


Q12 葬儀日程を2日でなく1日だけの家族葬は行えますか?

A12当社では、1日葬プランの他ご予算に応じて直葬プランもございます。ご要望を聞かせていただければ、ご希望のプランをご提案いたします。


Q13「直葬プラン」の流れについて、詳しく教えてほしい?

A13 当社は自宅葬専門ですので、ご自宅からの葬送になります。順序は、出発前ご納棺~最後のお別れ、そして、寝台車で火葬場に移動いたします。火葬場では火葬炉にお納めの後、火葬時間(2時間30分程度)の待機をいただき、ご拾骨をもって、散開の運びとなります。


Q14直葬プランを考えている、写真を自分で用意することはできますか?

A14はい、大丈夫です。ぜひとも、故人様らしい写真を用意して差し上げてください。写真の他、好物や思い出の品なども、お棺まわりに用意されてはと思います。


Q15見積り以上に費用がかかることはありますか?

A15見積り以上の費用は一切かかりません。当社は、契約前にすべての費用をご提示いたしますので、ご安心ください。


Q16生活保護制度を利用して、葬儀を行う方法はありますか?

A16生活保護を受けている方を対象に「葬祭扶助」という制度があります。
制度の適用は次のとおりです。
◆生活保護受給者が施主を務める場合
◆故人が生活保護受給者であった場合
申請は「お亡くなり後から葬儀前まで」の間に、住民票のある自治体に申し出が必要です。詳しくは、各市区町村役場の「福祉課」または当社へご相談ください。

Q17自宅で家族葬を行う場合に気を付けることは?

A17 できれば生前相談の機会を持っていただきたいと思います。その上で、葬儀の規模や形式を決められることをおすすめいたします。

安心な自宅葬をとり行うために

・「立て看板」や玄関周りの飾り付について

・「香典辞退」の対応について

・ご寺院との接し方など

ご心配の点がございましたら、ご遠慮なく当社にお申し付けください。

Q18無宗教葬とはとんな葬儀ですか?

A18特定の宗教宗派の方式によらない自由な葬儀のことで、自由葬とも呼ばれます。
そのメリットは伝統、慣習にしばられずに自由な創意で企画ができます。
しかし一方、一定のマニュアルがないので、企画・実行に負担が生じることがありますので、ご遠慮なく当社にご相談ください。


Q19家の宗旨がわからない場合はどうしたらいいですか?

A19仏教は宗派が多数で、名称も似おります。まずは、親戚に尋ねられることをおすすめします。
もし、仏壇があれば当社のスタッフが拝見の上、お家の宗旨をお答えいたします。


Q20お寺さんへの謝礼について教えてほしい。

A20僧侶への謝礼は、表書きを「御布施」として、通夜、葬儀・告別式、火葬場随行、環骨法要、繰り上げ初七日法要などに対する、お礼として渡します。
金額の見当がつかなければ、寺院に率直に聞かれても差し支えございません。
当社でも、お布施の相場についてお伝えいたします。


Q21「家族葬」「一般葬」の違いは?

A21葬儀の形式を言うのではなく、葬儀にお呼びする方の範囲の違いから「家族葬」「一般葬」と呼ばれるようになりました。

家族葬】
ご家族と親族など故人と身近な人だけでお別れするご葬儀です。

【一般葬】
ご家族・親族の他、故人と生前にご縁のあった友人、仕事関係、趣味の会、隣保の方など広く一般の方までをお呼びするお葬式です。
一般葬は家族葬に比べて参列者の人数が多くなります。また、家族との面識がない方が参列される場合があります。
そのため、一般葬は家族葬よりも、しきたりや、おもてなしが重視される傾向にあります。

お問合せ

TEL 078-995-3300

24時間いつでも対応 (年中無休)

神戸市西区・三木市のご葬儀に対応いたします
生前のご相談も承ります